日常生活

【電子レンジに注意】レンジOK耐熱ガラスが真っ二つに割れました

レンジOKの耐熱ガラスが割れました アイキャッチ

ある日のことです。

挽肉そぼろ入りのお皿を電子レンジで温めたら・・・

皿が真っ二つ

こんなことに(゚Д゚)!! えぇぇこの皿レンジOKのはずなのに~!?

こんな経験を二度としたくないので、その原因と対策を自分の胸に刻む意味合いでブログに綴らせていただきます・・・笑

耐熱皿で そぼろを作ったのが始まり

我が家はいつも食材宅配のヨシケイ を利用しているのですが、今回のメニューは週末ということもあり、手巻き寿司でした。

手巻き寿司の具材の中に「そぼろ」があったのですが、こいつが皿を割った張本人になります。笑

今日の晩ご飯は手巻き寿司 そぼろの作り方

そぼろの作り方はレンジを使用し、耐熱皿に挽肉とタレを入れてチンするだけという簡単な方法。ここでは無事にそぼろが完成します。

皿が割れたのはこの段階ではないのです!!

・・・我が家では平日休日関わらず、朝のうちにほとんど夕食を完成させてしまって、夜に温めてすぐに出せるようにしています。

そのため皿にラップをかけて、そぼろを冷蔵庫に入れて夜まで置いておきました。

もう勘がいい方はお気づきでしょう。

そうです、夜に温め直したら事件がおきたのです。

電子レンジでチンしたら皿が真っ二つに

夜になり そぼろを冷蔵庫から出したら、思った以上にそぼろが固まっていました。

私の想像ではもうちょっとバラけていて、軽くほぐしたら食べられるかなぁと思っていたのですが。動物性の油をなめていました・・・。

仕方ない、熱くなりすぎない程度に温めようと思い、そのまま電子レンジにIN!

1、2分くらい様子をみながら温めてみました。

そして無事にちょうどいい具合まで そぼろがほぐれたので、電子レンジから皿を出したら・・・

ん?なんか液が漏れ出ている?というか皿がグラつくような??

ぎゃぁぁぁぁ割れているーーーーーー!!

電子レンジに入れている間、パリンともドン!ともバーン!!とも言わなかったのに。

シレッと割れてました。イッタラの高い皿。

 

レンジOKの耐熱皿が割れた原因

この皿が割れた原因は、2つ考えられます。

レンジOKの耐熱皿が割れる原因

  1. ガラスの表面に傷が入っていて、ちょっとの温度差でも割れやすい状況になっていた
  2. 急激に温度差ができたことにより、ガラスの部分的な膨張によって割れてしまった

①も②も結局の原因は「温度差」にはなるのですが(^_^;)

①の場合は元々の皿の欠損が引き金になっているので、そこまで温度差が生じていなくても、割れていた可能性があるパターンです。

今回の事例については②の場合が原因かと思います。

そぼろを皿に入れ冷蔵庫で冷やしたことによって、動物性油脂が固まって皿の下層部を覆うような形になっていました。

これをそのまま電子レンジに入れることにより、電子レンジに有りがちな温めムラが生じて、皿の一部分の油が非常に高温になってしまった。

この温度差で油に接しているガラス表面の一部は膨張し、その他の周りの部分は膨張しないままだったので、圧力差に耐えられなくなり、割れてしまった。

もしこれが油じゃなくて水だったら、大丈夫だったのかな・・・

水は100℃を超えることはないですが、油はご存じの通り100℃を超えて温まりますからね(^_^;)100℃以上の温度差になると、容器は耐えられなくなって割れてしまうんですね・・・。

割れた皿
↑余談ですが割れた断面はツルツルしていて、破片も全く飛んでいませんでした 笑 ホントきれいに割れてくれたもんです 笑

レンジで耐熱皿を割らないために注意すること

最後らへんは圧力やら温度差やら難しい話になってしまいましたが、皿を割らないために気をつけることをまとめると。

レンジ調理で注意すること

  • 傷が入った皿はレンジ調理に使用しない
  • 耐熱皿であっても、陶器・ガラス製の皿の場合は、皿に固まった油性のものの調理に使用しない
  • 万が一固まっている場合は、皿の表面に食材・油分が密着しないように気をつける

今回の事例だと、そぼろをほぐしてから温めたら、熱がガラス表面にダイレクトに伝わらず、割れなかったんじゃないかなと推測しています(^_^;)

今まで冷蔵庫に入っていたものの温め直しを何度もしていますが、こんなことは初めてだったので、結構レアな状況が重なったのかなぁとは思っていますが・・・

みなさんもレンジ調理する場合は気をつけてくださいね~!

私は皿をまた買い足します(>_<)笑 それではまた~(^^)/

 

関連記事