あそび

【おうち時間】あやとり遊びで手先が器用に♪オススメ本も紹介

あやとりしようよアイキャッチ

息子がある日「あやとりしたい~!」と言い出しました。

どうやら保育園の年長クラスのお兄ちゃんお姉ちゃんが、あやとりで「もちつきぺったん」を披露してくれたみたいです。

息子はこのとき4歳半。あやとりなんてまだ早いんじゃないの?と思いました。

あんまり期待せずに、子供でも分かりやすい「あやとり本」ってあるのかな~・・・と思って楽天ブックスを開いてみたら・・・

ありました!分かりやすい「あやとりの本」!(しかもあやとり紐付き!)

ほんと結構オススメなので、今回息子の様子とともにご紹介したいと思います(^o^)♪

あやとりのメリット

最初に言います。私は別にガッツリ知育を進めているママでも何でもありません。なのでこの項目はサラッといきますね 笑

あやとりをすることのメリットとして以下のことが挙げられます。

あやとりのメリット

  1. 手先が器用になり、脳の活性化につながる
  2. 集中力が養われる
  3. コミュニケーション力が高まる

①や②はおりがみでも言えることかなぁと思いますが、③に関してはあやとりのメリットとして特徴的だと思います。

あやとりって2人で協力してやる技も多いんですよね。息子が保育園で見た「もちつきぺったん」も、子供たち同士でタイミングを合わせないと行えません。

この3項目をすべて伸ばすことができる遊びって、なかなかないよね

あやとりしたいと言われたから本を買った私ですが、興味をもって楽しみながら遊んでくれることで、こういった力もグングン養われんじゃないかな?と思っています♪

あやとりの本を買ってみました

いよいよ本題ですが、私が買ってみた本がこちらです。

伝承あやとりを中心に、100点のあやとりの紹介があります。ふろくとして長短2本の紐がついているのもポイント。

家にちょうどいい紐がなかったけど、紐がついていたらネットでポチってもすぐに遊べる♪

・・・紐を買いに行くのが面倒くさいという方(私)にもぴったりの本ですね 笑

難易度は5段階を星の数で表されているので、簡単なものから取りかかることができます!

本は基本的にひらがなで記載されているため、ひらがなが分かれば子供がひとりで取り組むこともできます。

あやとりの本2 あやとりの本

ひらがなが読めない息子は「これなんて書いているの~」と質問を投げかけて来ることが多々ありますが(笑)これも親子のコミュニケーションにつながりますね!

あやとりを実践

では、あやとりをしている息子たちの様子をご紹介します(^o^)

あやとりの本を持つ息子

手に入れた瞬間から「やった~!あやとりや~!!」とテンションマックスの長男!

最初はあやとりを親指と小指にかけるのさえも苦戦していましたが、基本形を教えてあげたらすぐに慣れました。

ひらがなが読めないので、写真を見ながら一生懸命進めようとする息子。

何回か教えてあげると、★1のレベルのものならスイスイとできるようになりました!

あやとりをする息子
↑指輪落としを披露してくれた息子です。余談ですが、この指輪は旦那と私が付き合っていた時につけていたペアリングです(めっちゃどうでもいい)

あやとりをする息子
↑これは「橋」を作ったところみたいなのですが、あやとりが短すぎて何か全然分かりませんね 笑 このあと長いあやとりで作り直していました 笑

あやとりで遊ぶ息子
↑おまけ写真です。3歳4ヶ月の息子には、あやとりなんてまだまだ早すぎます。トイレットペーパーの芯を紐に通して、振り回して遊んでいました 笑 

あやとり遊びを色々楽しもう!

あやとりを始められる年齢はだいたい3歳くらいから、と言われているみたいです。

ただ、アマゾンブックスの口コミには「5歳の子供が楽しんでいます!」「分かりやすい!」等の口コミが並ぶ中、「小学生の子が図をじっくり眺めて説明文を熟読してトライしても、予定通りの形になりません」との口コミもありました。

正直、私が本を見ながらやろうとしたら、★2くらいのやつでも意味不明で全然できませんでした 笑

旦那や息子はスイスイこなしているのを見たところ、空間認識力というか、図をみて理解する力があるかどうかの問題もあるんじゃないかな・・・と感じました(^_^;)

年齢ではなくて、向き不向き・ハマるハマらないもありそう!まずは何でもチャレンジするべきだと思う!

私も息子とともにあやとり上手になりたいと思います!

気になった方は気軽にチャレンジしてみてくださいね~!それではまた(^^)/

 

関連記事