日常生活

【裾上げ】アイロン接着式テープって剥がれない?初使用レポ!

アイロン粘着式テープのアイキャッチ

普段仕事の時はスラックスを履いています。

冬場は毛100%のあったかスラックスで冷え知らず、快適に働いていたのですが・・・いつの間にか裾がほつれてる(>_<)

縫うのは面倒くさい、誰かに頼むのも面倒くさいので、アイロン接着式に両面接着テープをポチッと購入しました。

極度の面倒くさがりだからネット通販は神様!

あまり期待していなかったのですが(笑)、以外と簡単でしっかりくっついたので、紹介させていただきます♪

アイロン接着式テープが届きました

今回私が購入したのはこちらのテープ。

楽天市場愛用者ですが、こういう安いものや細かいものは送料無料で即日発送してくれるアマゾンで、ちゃちゃっと届けてもらうことが多いです 笑アイロンテープの外箱アイロンテープの外箱 アイロンテープの中身 

中身のテープを出してしまうと、説明書はついていません。外箱もなくさないようにしないといけないですね。

初めてなので、とりあえず使用方法をきっちり読みながらチャレンジしました!慎重に!

ほつれたズボン裾を公開

今回裾上げ対象となるスラックスは、ザ・スーツカンパニーの毛100%スラックス。厚手の生地で冬物です。

↓こちらは裾ほつれが無い側。きれいに縫われているのをみて、ミシンを引っ張り出すのを一瞬でやめました。笑
ほつれていない裾

↓裾がほつれている側。数センチだけ縫われた箇所が残っていましたが、とれるのは時間の問題・・・。この際だから、すべて糸をはずしてしまいました。
ほつれた裾

アイロン接着式テープを使用方法

ではいよいよ本題、アイロン接着式テープ初心者が裾上げチャレンジします!

①テープを必要な長さに切る

テープを必要な長さに切ります。今回は平置きした裾にテープを当て、×2の長さでカットしました。
アイロンテープを切る
このときにカットする際は、「テープ口からテープを約2cm出してカットしてください」と記載があるので注意。この説明書きを読んでいなかったのか、この件で評価を下げている方がいました(^_^;)
アイロンテープの中身

②テープを接着したい箇所に置く

茶色で印刷されている剥離紙を上、テープ(透明)側を下にして接着箇所に置きます。

アイロンテープを合わせる

スラックスの裾の場合は、以下のように一度裾を大きく折り曲げてて、接着したい箇所を露出した上で、クルッと挟み込むようにテープを置くとやりやすかったです。アイロンテープを合わせる

③中温のアイロンで数秒間仮プレスする

②の状態ができたら、上から中温のアイロンを押し当てます。数秒間のプレスは、大体5秒くらいしたらちょうど良かったです。生地が薄ければもう少し短めでOKだと思います。
アイロンで仮止め
↓仮止めがおわってすぐの写真。テープの浮き具合が収まっているのが分かります。
アイロンテープ仮止め完了

④剥離紙をはがす

接着部分の熱が取れたら、剥離紙を剥がします。
アイロンテープの台紙を剥がす
すべて剥がすと裾の内側がこんな感じに。仮止めなので、軽くひっついて位置が固定されればOKです!
アイロンテープ仮止め完了

⑤アイロンで完全に圧着させる

いよいよ本番です。仮止めの状態から、剥がれないようにきっちり圧着させます。

③の時と同じポジションで当て布をし、ドライ中温のアイロンを当てます。だいたい5~10秒くらいが目安です。

当て布は専用のものでもいいけど、薄手のハンカチでも代用できるよ

ということで旦那のハンカチを借りました 笑
アイロンをかける

アイロンを置きっぱなしにして10秒くらい待って、なるべく生地を動かさないようにして待っていました。

アイロンの熱が完全に冷えるのを待ってから、ちゃんとくっついているかを確認するために、剥がす方向で圧力をかけてみたら・・・

あれ?ちょっとの力で簡単に剥がれる・・・

というとで、説明されている文章に忠実にもう一度チャレンジしてみたら、ピッタリくっつきました!!
アイロンでくっついた

ぴったりくっつけるポイント

  1. アイロンで圧着する際は、気持ち10秒より長めに。「圧着」というくらいなので、少し力を加えて全体に熱が伝わるように「アイロンがけ」のつもりで少し動かしながら行う。
  2. 圧着させたあとは、アイロン熱が逃げるまでは絶対に動かさない。

この2点に忠実に行ったら、2回目はばっちり成功しました!

同じ商品を買われた方、購入検討している方は是非試してみてください♪

・・・ということで、アイロン接着式テープで無事にスラックスの裾上げが完了しました♪

いつもドライクリーニングに出すのですが、今のところ剥がれずにくっついてくれています(^o^)そろそろ時期的に夏用に変えないとですね・・・!それではまた(^^)/

 

関連記事